日本独自の物を取りいれる|土地選びから戸建ての良し悪しが決まる|周辺の環境も調べること

土地選びから戸建ての良し悪しが決まる|周辺の環境も調べること

つみき

日本独自の物を取りいれる

住宅

北欧は日本よりも寒さが厳しく冬が長いという特徴があるため、家の中で過ごす時間が自然と長くなります。その長い期間を家の中で快適に過ごすことができるようになっているのが北欧住宅の特徴です。さらに家の中にいる時間が長いため、家の中でも明るく過ごすことができるように北欧住宅や家具、雑貨類の人気も日本でも高くなってきています。そんな北欧住宅ですが、日本に持って来ても風土に合うかどうかが心配になるかもしれません。木造で約30年と言われている日本の住宅に比べ、北欧住宅は寿命が50年とも言われているため長持ちしますし、日本で建築するのですから日本独自の和室をとりいれたり耐震強度を上げることも可能になっています。

北欧住宅の特徴は、何といっても高気密なことです。冬の寒い外気が家の中に入り込まないような構造になっていますので、冬は暖かく夏は涼しいという快適な環境を保つことができるようになります。しかしその環境を長期間保つためにはメンテナンスが必要になってきます。どれだけ長い間持つと言われていても、それはメンテナンスがしっかりと行われていることが前提だからです。現在の北欧住宅は傷みやすい材料は日本産の手に入りやすいものを利用し、それ以外の材料は現地のものを使うというメーカーも増えてきていますので以前に比べてメンテナンスは行いやすくなっています。北欧住宅を建築した後のメンテナンスのことも気軽に相談できる業者に依頼すると、建築後の不安も軽減されていくでしょう。